AGA治療で薄毛を解消|ドッサリ髪が生える秘訣

男の人

植毛の現状と注意点

4人の男性

自分の毛髪がよみがえる

植毛と聞くと、毛を植えた場所は長さが変わらず、ヘアスタイルを整えるのが難しい、周囲に気付かれやすいなどのデメリットが大きいと考える方が多いようですが、これはいい加減な人工毛の植毛手術の場合です。現在の植毛は医師の技術や手術機器の性能が向上しているため、周囲に気付かれにくくなっていますし、自毛植毛であれば毛髪の生え変わるサイクルが正常な後頭部や側頭部の毛根ごと移植するため、一旦移植した毛が生着すれば自分の毛として生え続けるので、薄毛の悩みが大幅に改善されます。現在行われている薄毛治療で代表的なものはAGA治療ですが、継続して薬を飲む必要があり、副作用のリスクなども少なからず存在するので、これらが心配な方は、自毛植毛の手術も検討してみましょう。

トラブルの避け方

植毛技術の向上によりトラブルは大幅に減少しましたが、少なからずトラブルの報告はあります。自毛植毛の場合、人工毛の植毛とは異なり拒絶反応などはありませんが、医師の技術不足や手術の際に麻酔を使いすぎたことにより吐き気や腫れを引き起こす例や、側頭部の毛根を採取する際に頭皮を傷つけた例もあります。このような病院を避けるために、自毛植毛の手術経験が豊富な医師がいる病院を利用する必要があるのですが、ホームページなどで自分のマイナス要素を記載している医師はいません。そこで活用できるのがインターネットの口コミです。最近では自毛植毛を行う方が増加しているため、口コミには多くの体験談が書き込まれています。利用したい病院があれば、まずは口コミで体験談を確認しましょう。